忍者ブログ
中古住宅や古い住宅をDIYでセルフリフォーム☆今まで住んできた昔ながらの間取りを生かしつつ、なんだかおちつくぅ~~~そう思える居心地いい、過ごし方・安心して住める住まい方を研究してます。
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [21]  [20]  [19]  [16]  [15]  [14
気になるね~
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[03/10 Edana]
[09/26 AKI]
[09/20 DIYネット]
プロフィール
HN:
コア
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不動産(土地)を購入する時にふと不安に陥ることあります。

土地探しで・・・注意しなくてはいけないことって・・・
たとえば、どんなことを考えたことありますか?

あたり前のようで
あたり前じゃない

疑う事もなく・・・購入するって・・・危険だよね。
隣地との境界はきちんとしている?
だって、不動産屋さんが紹介してくれる物件だもん・・・
信頼してる人から・・・買った物件だもん

でも・・・でも・・・でも・・・信頼し過ぎた結果・・・・・・・・・・

そんな事が無い様に♪
きちんと、境界の確認は!プロに(家屋調査士さんに)入ってもらうように
交渉してもらいましょうねぇーーーー


ちょっと勉強♪

<公簿面積と実測面積>

登記簿の表題部には地積欄があって土地の面積が記載されています。
この登記簿に記載されている面積を簿面積といいます。

しかし、公簿面積は、未熟な測量技術しかないときの
面積を引き継いでいるので、不正確である可能性があります。

正確に測量した面積を実測面積といいますが、
公簿面積が実測面積と異なる場合がよくあり・・・戸惑ってしまいます。

<公簿売買>
土地の売買において、登記簿に記載してある所在地・地目および面積をもって
売買することですが・・・・
公簿面積と実測面積(昔の未熟な測量の為)は必ずしも一致するものではなく
売買契約において、測量をしてきちんと整備して、その土地売買しろ!!
と言っても・・・
だいだい、この売主様方々も引き継いだもの(相続とか・・・)だから、
実測面積が公簿面積よりも少なくても、隣地との境界が不明確でも
売主の責任を追及するのは難しいようです。

でも、不明確でもいいからと不動産屋さんにお願いして
土地の実測図などがある場合は、その図面を参考に現地にいって
テープ測量(メジャー等)、長さの確認をしたいと頼みましょう。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
気になる
不動産情報
文具・エコ商品
パソコン買うなら
Copyright © 中古住宅や古家をDIYして住んでみよう All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]